ニキビ跡の色素沈着の改善方法とは?何をしたらいいのか?

ニキビ跡の色素沈着って、憎たらしいですよね(笑)

 

なかなか消えてないから困りもの。ニキビができても、すぐに赤みがなくなってくれれば、そんなに問題ないんですけどね。

 

 

実際は、赤みが出た後は、今度は赤い跡になってなかなか消えてくれないのがニキビの嫌な部分です。

 

わたしの場合、ニキビ跡の色素沈着が全然消えてくれないので、いつまで経っても消えないので「これ、一生消えないんじゃないの?」と考えてしまう時期もありました。

 

まあでも、色素沈着は改善方法もあります。

 

効果的なケアの仕方を知り、それを実践していけば、ニキビ跡の色素沈着も改善していきますよ。

 

ニキビ跡の色素沈着を改善方法は、どんな方法がある?

 

では、ニキビ跡の色素沈着を改善させるには、どんな方法があるのか見ていってみましょう。

 

ピーリング

 

色素沈着を改善させるには、ピーリングも有効な方法です。

 

皮膚科では、濃度の高いピーリング剤でピーリングを行っていたりします。

 

ちなみに、ピーリングは、肌の状態を見ながら1、2週に一回程度にしておいた方がいいでしょう。

 

あまりやり過ぎると、逆に肌トラブルの原因になります。

 

特にニキビが出来やすい肌の人は、肌も敏感ですから、過剰にピーリングをやり過ぎないように注意してください。

 

肌を剥がせば剥がすほど綺麗な肌に生まれ変わるのが早いと思ってピーリングをやりすぎてしまう人もいますが、素人判断でそれは危険です。

 

背中ニキビのエステの選び方などのサイトを見て、エステでピーリングしてもらうのもよい方法です。

 

ビタミンC入りの化粧水を使う

 

ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きや、シミを還元して無色化してくれる働きもあります。

 

色素沈着のそもそもの原因はメラニンですから、ビタミンCのは色素沈着を改善してくれるのに効果的です。

 

また、皮脂の分泌を抑えてくれる働きもあるので、ニキビ予防にも効果的です。

 

いいことばかりですね。

 

ターンオーバーを正常化させる

 

肌は入れ替わっている。それがターンオーバーですね。

 

ターンオーバーが遅かったり乱れていると、きちんと肌の入れ替わりができません。

 

ターンオーバー正常化させるには、ストレスをなるべく溜めないようにして、さらに睡眠をきちんととることです。

 

ストレスを溜めないようにするには、趣味や自分なりのストレス解消法を持っておくことが大切です。

 

エステなどを利用してターンオーバーを促すという方法を併用するのもありですが、これはお金がかかりますので、結果を急いでいる人や、お金に余裕がある人向けですね。

 

詳しくは、背中ニキビのエステの選び方などのサイトをご覧ください。

 

あとは、好きな香りをかいだりすることもストレス解消にいいですよ。

 

睡眠をきちんとるためには、寝る時間を守るように心がけるといいです。

 

寝る時間が迫ってから、あわててお風呂に入ったり寝支度を始めるのだと、なかなか時間を守れないと思います。

 

日焼け止めはしっかりと

 

紫外線は、シミの原因になるので、毎日の紫外線対策がしっかりとできていないと、色素沈着を薄くすることは難しいです。

 

ですので、日焼け止め対策はしっかりとおこないましょう

 

肌の老化原因の80%が紫外線だと言われているので、老け顔になるのを防ぐ意味でも、紫外線対策は大切です。

 

少し高めの日焼け止めジェルなどを買うといいです。

 

わたしのおすすめは、資生堂の「サンメディックUV 薬用サンプロテクトEX」です。

 

1500円くらいするのでちょっと高いですが、美容液がわりにもなりますし、汗でも落ちにくく、けれどもウォータープルーフタイプのようなベタつきもないのでオススメですよ。